FC2ブログ
2019/08/29

班忠義監督のドキュメンタリー映画 「太陽がほしい」

班忠義(ハンチュウギ)監督 ドキュメンタリー映画 「太陽がほしい」
https://human-hands.com/index.html




【参考ウェブサイト】
Fight for Justice 日本軍「慰安婦」――忘却への抵抗・未来の責任
 


 中国、山西省の日本軍性奴隷被害。大娘(ダーニャン:中国語で「おばあさん」という意味)たちは亡くなっても、彼女たちの慟哭の人生は消えない。
「「慰安婦」はいなかった」と言う人は、実際にその人生を強いられた人の存在をしっかりと受けとめ、己に刻み付ける体験をしたことが無い。たった一度の人生を痛みと苦しみと屈辱しかないものにされてしまった彼女たちの存在を受けとめもせず、「政治的」な議論をするのは愚かなことだ。それは他者の人生を冒涜する行為だ。

生きていた彼女たちと会えなかった人も、映像の中でもいいから出逢い、その体験から 「日本という国は、今も尚この人たちを貶め続けるのか」という腹の底からの憤りを持たなければ、この倒錯した時代の流れで抗い続けることはできないと感じる。確固たる気概を持たなければ、歴史を歴史として保持することも叶わない社会だ。歴史はこの社会を、世界を生きる一人ひとりの認識で成り立っている。注意深くしていないと、国家や権力者の都合で簡単に塗り替えられてしまう。それが歴史の真実だと思う。

 現在の日本社会の女性蔑視、女性や子どもたちへの性暴力、DV被害、異性愛中心主義、性的人身売買の横行、性暴力が法的に裁かれない状況・・・。こうした問題の根源は、戦時中の日本軍による性奴隷制度問題の歴史的認知と反省がないが故にここまで酷くなったのだと思う。

 私の祖父は私が0歳の時に亡くなったが、戦時中はこの映画の舞台 山西省のとなりの山東省に日本軍として駐留していた。なんとか生きて帰ってきて、帰りを待っていた祖母と結婚し、翌年 父が生まれた。父の名前の由来は「戦争のない日本を」という願いが込められていた。祖父がどんな悲惨なことを体験したのか。そして、中国の人たちにどんな悲惨なことを体験させたのか。私は想像するしかない。

 日本軍の兵士として戦場に行かされなければ人を殺すこともなく、女性を襲うことのない人生を送った人が大半だったのではないかと思わされる。軍隊の中で、日々の行為の異常さ、軍の中でのストレスが占領地の女性子どもたちへの性暴力となった。日本軍は兵隊を統治するために、また性病蔓延による軍事力の低下を防ぐために女性を物資として管理する「慰安所」をつくった。(日本軍の性奴隷被害の実態は「慰安所」形式だけには留まらないが。)

 普通の人間の暮らしをするはずだった人たちが、戦争で「お国のために」と戦地に送られ、残虐に人を殺し、当たり前のように略奪をし、違和感を持たないままに強かんをした歴史。それが日本の起こした侵略戦争だ。その歴史の真実を「不名誉」だと言い「お国のために戦った人たちを汚すな」と言うのなら、そんなことをさせた連中の責任を問えよと思う。事実を隠蔽し歪曲し正当化するのではなくて、そうした非人間的なことをしてしまった・させられた人たちの魂の叫びを受けとめなければならないのではないだろうか。戦死していった人たちは皆、本当は軍神になんてなりたくなかった。そういう言葉を残した人も幼少期からの軍国教育を受けなければ、そんなことを言ったとは思えない。どの人も、ありきたりで、でも唯一無二のかけがえのない自分の人生を愛しい人たちと生きたかったはずだ。

 私の父方の祖父の兄は弁護士の資格をとって、弁護士事務所で働きだしたところを日本軍に徴収された。そして中国大陸に送られてすぐ、小隊長として切り込み隊長をさせられ22、3歳で戦死した。眉間を打ち抜かれて亡くなったらしいと子どものころ祖母から聞かされた。世のため人のために働きたいと、苦労して勉学しただろう若き大叔父の命を想う。
 祖母は90歳ちかくなり認知症が進みだした頃、「戦争が始まったとき、どんな感じだった?」と訊ねた私に、「みんな気付かないのよ!気付かないようにやるんだもの、戦争なんて!」と間髪入れずに大声で答えた。忘れられない。彼女は下町育ちで、幼少期に大正デモクラシーの頃を過ごし、若い頃 日本が戦争に突入していく時期を東京で生きた。朝鮮人・中国人への日本人自警団による虐殺が行われた関東大震災も、東京大空襲も生き延びた。
 第二次世界大戦があと半年ながければ、予科練生として戦闘訓練を受けていた母方の祖父も、フィリピン沖で船ごと沈没して死んでいただろう。母方の祖母も田舎の畦道で子ども時代に機銃掃射をなんとか逃れ生き抜いた。
一歩違えば私は生まれてこれなかった。そして、住民の4人に1人が命を奪われた沖縄戦のことを想う。

 中国に、朝鮮半島に、台湾に、シンガポールに、ビルマに、インドネシアに、フィリピンに、シンガポールに、南洋諸島の各地を侵略した日本の軍隊。「我らこそが正義だ」と植民地支配を強い、軍事力で制圧し何もかもを奪った恥ずべき歴史。それを丸ごと忘れてしまおうとし、何もなかったかのようにまた過ちを繰り返そうとする現在の日本社会。

 この国で今、最も貶められているものの一つが、真実だ。日本政府の妄言を垂れ流すテレビを信じてしまえば、私たちの国は今度こそ滅亡に向かう。いや、今、向かっていることを感じている。このままじゃだめだ。なんとかしていかなければ。

 歴史の真実は最も虐げられた人の人生にこそ表れていると私は思います。
虐げられ、世界に置いてきぼりにされていった人たちの声は、この社会ではなかなか聴こえてきません。でも、国家は嘘をつくこと、戦争で権力者は死なないこと、そして、一度きりの唯一無二の人生をこれ以上ない暴力で傷みしかないものにされた当事者である彼女たちの存在を受けとめようとして学び続ければ、歴史の真実にいつか行き着けると私は確信しています。
若き日にその体験を強いられ、生き残っておばあさんになった彼女たちの姿に、言葉に、まなざしに戦争の、人類の真実が表れていると感じます。

 班監督が20年もおばあさんたちに寄り添った貴重な時間が凝縮されたこの映画を観て、揺るがないものを培い、激流のような暴力の時代にあっても心を喪わずに生きていきたいです。