FC2ブログ
2018/10/26

ジャーナリスト安田純平さんの解放 - 再燃する「自己責任」論を許さない

 安田さんの命が助かった・・・。助かったことは本当によかった。けれど、生き残ったその後の人生の中での恐怖の揺り返しの過酷さは想像すらできない。助かった彼の命や生活を危険に曝すバッシングや、本人や家族を追い詰めるような報道の姿勢は決して許さない。奇跡的に助かったいのちを、更に危うくさせるつもりか。正気ではない。

「危険なところに行った本人が悪い」という自己責任論の考え方そのものが、この世界に危険な場所や状況を生み出している。

 2003年3月20日、大量破壊兵器があるという嘘の情報によりアメリカはイラクを攻撃し戦争が始まった。自衛隊は武器を持ち、アメリカが始めた侵略戦争を「支援」するために派兵された。それまで「ヒロシマ・ナガサキを経験させられたのに経済成長で立ち直り、戦争を放棄した日本」という親日感情があった中東で、日本人の拉致や殺害が起きるようになったのは何故か。
ジャーナリスト綿井健陽さんのドキュメンタリー映画 『Little Birds(リトルバーズ)』のワンシーンを思い起こす。

 前日は明るいマーケットだったそこに、銃弾に倒れた子供がいる。鍵をかけられたはずの店が崩れている。本当にここが、人々の笑顔が溢れていたマーケットだろうか。空爆が始まった直後、ここで一人の男性のインタビューが入る。「ブッシュと手を組んでいるお前ら日本人を絶対に許さない。お前ら日本はこれから百年間覚えておけ!覚えていろよ!!」
彼は激怒しながら砂嵐の街角に消えていった。何度も振りかえり、指差し叫びながら。

2005年時の感想からhttp://inariyasauce.blog71.fc2.com/blog-entry-541.html



そこはどうして「危険な場所」となったのか、を一切考えないのは限りなく愚かで恥ずべきことだ。

 自分は無関係だと思い込むことにより、自分たちの社会の現在地の異常さや、未来に起き得るだろう惨状から目を塞ごうとする。
知ろうとしないこと、知らないことが、圧倒的な暴力の世界の構造をさらに強固なものにして、継続させている。生み出され続ける悲劇が、憎悪と暴力を再生産し続ける。これから、自分たちもそこに巻き込まれること、いやもう巻き込まれていることは明白だというのに、いつまでもいつまでも気付こうとはしない。


 ジャーナリストたちは、警告する。
私たちは誰かを見捨てることによって、自分たちの尊厳や権利を手放していると。この惨状を看過するなら破滅がまっていると。
ジャーナリストは、現代の預言者とも言えると私は感じる。


 カエルだって、入っていた水がお湯になったら危機を感じて飛び出す。茹で蛙なんて実際には存在しない。この日本社会を生きる人間たちは蛙より劣るのだろうか。炭鉱のカナリアを「うるさい」と絞め殺して、その後はたして無事に洞穴から出ることが叶うというのか。



【記事】
安田純平さん解放の報。本人を追い詰めるあらゆる対応を控え、心的外傷の治療を最優先すべき
伊藤和子 | 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長

10/24(水) 12:50
https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20181024-00101617/

【記事】
「安田純平さんが帰ってきた -危険地を敬遠する組織メディアの記者たち。危険地取材の意義を改めて考えたい」
石川智也 朝日新聞記者

2018年10月26日(金) 
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2018102600001.html