FC2ブログ
2019/03/27

今あるは神の恵み

今まで私を育ててくれたあなたに
これまでの私を見ていてくれたあなたに
どんなときも心を寄せて心配してくれたあなたに
愛を貰ったのに大切にできずに裏切ってしまったあなたに
顔も声も知らないけれど私の叫びを受けとめてきてくれたあなたに
新しい命を引き受けてこの星にきてくれたあなたに
若く苦しい私に助言をくれたあなたに
優しさゆえに厳しくしてくれたあなたに
心が通わないときのことを素直に水に流せなくても、それでも私のことを覚えていてくださるあなたに

皆々様に出逢うことができて、私は今の私になれました。
まだまだ何もかもが足りないし、そのことすら分かってないみたいだけど、
でも昔より自分のことが好きだし、今に辿りつけたことが本当に有り難いです。

私は幸運にもまだ生きていますから
いつか時が満ちることを信じて
懺悔ゆえの感謝をこめて
今日からまた精一杯かみしめながら与えられた時間を生きていきたいと思います。




小さな自分ですが、それでも限界は私にも分かりません。自分が主が望む自分になっていけるように祈りながら歩みます。
いつの日か用いられ、御心である愛が自分の生を通してあらわれる時が来ますように。
頂いた自分の命を、本来のその輝きに近づけさせていけますように。
神様が創られたこの世界の美しさを感じ、人の世がやっと見出した善きものを後世の人たちに手渡していけるように
諦めず暮らしていきたいです。
天国にいるあの人たちにいつかまたお会いできる時に ちゃんと目をみて居られる自分であれるように。
どんな未来に行き着いても、後悔しないように。

 










≪それで、そのために思い上がることがないようにと、私の身に一つのとげが与えられました。それは、思い上がらないように、わたしを痛めつけるために、サタンから送られた使いです。この使いについて、離れ去らせてくださるように、わたしは三度主に願いました。すると主は、「私の恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。それゆえ、わたしは弱さ、侮辱、窮乏、迫害、そして行き詰まりの状態にあっても、キリストのために満足していきます。なぜなら、わたしは弱いときにこそ強いからです。≫
 (聖書 コリント信徒への第二の手紙 12章7章-10章)




弱さを隠さず、人を恐れず、引き受けていくこと。あらわしていくこと。呼びかけること。
受けとめようとすること。感じること。
心を打ち明けていったとき相手と本当に出逢うことができ、その先に人の間に愛と労わりと慈しみの恵みがあると信じます。

2019/03/22

【観たい映画】『金子文子と朴烈(パクヨル)』

映画 『金子文子と朴烈』 http://www.fumiko-yeol.com/


参考記事:Chinefi イ・ジュンイク監督がまたもや世界を魅了する――禁断の歴史映画の誕生! 

必ず観るつもりでいる映画です。

徐京植(そ・きょんしく)さんの『過ぎ去らない人々 ―難民の世紀の墓碑銘』(2001年・影書房)の136ページから140ページまで、金子文子について紹介された文章を読んだのは、今から15年ほど前。私がちょうど彼女が縊死した年齢の頃でした。


「将来の自分を生かす為、現在の自分を殺すことは断じて出来ないのです。私はね、権力の前に膝折って生きるよりは寧(むし)ろ死んで飽くまで自分の裡(うち)に終始します。」
「私は日本人ですけれ共、日本人が憎くて憎くて腹のたぎるのを覚えます。私はその時ただ目に反射されただけの出来事は、大きな反抗の根となって私の心瞳に焼き付けられて居ります。」

という文子の言葉。

わたしは今、捕らえられているわけでなく、殺されることも自分で死を選択しきることもなく36歳になろうとしています。彼女が生き延びられなかった時代を想い、またそうした状況を繰り返していこうとする日本社会で暮らしていると実感します。まだ今の時点では、社会と切り離されずに愛するひとたちと暮らせていることを幸運に思っています。 安心とかはしてなくて、いつ何が起きてもおかしくないから、「まだ、今は」という気持ちです。今の自分の人生にある幸福について、少しでも感じ取り、かみしめて暮らそうと努めています。(環境も社会も崩壊寸前で、文字通り薄氷の上に暮らしていると考えていますし、私には「精神障害」があるので、自己決定できない境遇に閉じ込められることもあるという認識でいることも背景にあると思います。)


闇が迫っても、まだ光があります。
かすかであっても、今は光に目を向けて歩むことができると信じています。
主イエスの御言葉にもあるように、光のあるうちに光の中を歩まなければなりません。夜が来る前に。
だからこそ、日本帝国の支配と抑圧のなかで、迫り来る絶望と暗黒の中でも命の輝きを最期まで示し、人間として生きようと闘った先人たちの人生に触れ、感じ、自分のこれからへの原動力にしたいと思います。

ひとりでも多くの人と、この映画、この歴史を共有したいと願い、ご紹介させて頂きます。 

公式ウェブサイトより:各地の上映映画館 


買ったものの辛すぎて読めていなかった加藤直樹さんの関東大震災のときの日本人による朝鮮人(だけではないけど)のジェノサイドについての本『九月、東京の路上で』(ころから社)を、これを機にちゃんと読んでから観に行きたいです。
※ジェノサイドはその共同社会や民族を滅ぼすほどの大量殺害、集団殺戮(さつりく)という意味



◎追伸
同監督の『王の男』と『Radio Star』も観れて良かったです。尹東柱の映画 『空と風と星の詩人 ~尹東柱の生涯~』もホントめちゃくちゃ 観たいです!!
2019/03/22

「フォトジャーナリストH氏の性暴力についてのこと。」2019年3月22日 追記/第二稿



 フォトジャーナリストの広河隆一氏が性暴力犯であることが明らかになった2018年年末。心の奥底からの怒りを禁じえず書いた自分の文章を、よかったら読んで頂きたくて、再度アップさせて頂きます。お時間に余裕のある方、よかったらお読み下さいませ。(※だいぶ長いです)

「フォトジャーナリストH氏の性暴力について。」第一稿【2018年12月31日】
http://inariyasauce.blog71.fc2.com/blog-entry-779.html



 最近、薬物で逮捕された人のことなども絡め、《「犯罪をした人の作品=ダメ」としていいのか》的な議論があります。ただ、性暴力という犯罪 ―特に広河氏のやってきた確信的な性的搾取の加害行為を 薬物依存症という病気(アディクション)と、一緒にすること事態が簡単すぎる議論ではないかと思います。広河氏の加害行為について、写真家としての功績うんぬんで通り過ぎてはいけないと思います。功績があるかないかで犯罪の軽重が決まるなんて優劣主義的ナンセンスだし、彼の加害行為によってたった一度の人生を混乱させられ、傷つけられた被害者が確実に数名以上おられるという事実があるからです。

 この度、フォトジャーナリストの土井敏邦さんのこの件のコラムについて、やっと目を通せました。 読んでいていろいろなことを感じましたが私は率直なところ、「土井さんにそういう気持ちはあるのは無理からぬことだろうが、公的にこの時点での意見を書くのはやっぱりダメじゃないかなぁ」と思いました。被害にあった女性たちの体験を下地に成してきたことが、どんなに世界的に大きな影響力を持つ仕事でも、「あの仕事は意義があったことは変わらない」って言うのは私はイヤだからです。そういう態度をとってしまうことこそが、ひとりの人間を能力や立場で比べて切り捨てることを正当化していく権力の取る態度に近づいてしまいかねないのではないかと危惧します。フクシマのことを想うからこそ、この社会のこの状況下で、「権力の思うツボ」にさせたくないからこそ、被害者たちは黙らざるを得なかった。そのことを広河隆一は熟知していたでしょうから。私はその卑怯さが我慢できないし、土井さんがその論理をそのままに書いてしまったことにより、これまで私の中に育まれてきた土井さんの写真に対して親愛さや信頼感も引き下げられてしまったことが正直なところ残念です。

 私の人生は、フォトジャーナリストではないけれど、広河隆一氏の仕事によって影響されて生きてきたところがあります。写真を見ただけで直接会えたわけじゃないけれど、心に残る人たちとの出逢いがあり、みれた風景があります。だからこそ、下劣な行為を重ねてきた彼のしたことを「仕事」「功績」としては認めたくありません。

土井さんが提起している広河氏が関わってきた人道支援について継続するべきか、どう評価するかについてこそが、また別の問題として論じられる必要があると思います。これまで広河隆一の掲げてきたスローガン、「一枚の写真が戦争をとめることがある」「人々の想いが戦争をとめる日が必ず来る」という言葉の意味を喪わせないかどうかということと、彼の仕事を評価をすべてナシにしないでほしいっていうのは、別のこととして丁寧に論じることが必要ではないかと感じます。

 一方で、私自身、これまで自分がしたこと/してきたことについて これまで考えてきたことについて、よくよく捉え返さなければならないと感じ始めています。
《私は、誰かの苦難に満ちた人生を自分のために、また自分の傷の回復のために消費してこなかっただろうか?》という問いが、今 改めて自分に向いています。正直なところ、そういうところがありありとあったと認めるしかない自分がいます。自分勝手な善意を満たすために、誰かから認められたり褒められたりするために、もしくは自分を正当化するために、自分は今までやってきた。心の傷も作用して、かなりの部分がそうであり人に迷惑をかけたり、傷つけてきたのだろうと思います。実際にそういうことも思い出せます。
利己的でしかなかった部分をそうでなくさせるために、また、そうとは言えない部分が一欠片でもあったのならば、もういちどそこを明らかにし、捉えなおして育てていきたいと願います。ほんとうに生き直していくために私は何を肝に銘じなければならないのだろうか、と考えています。何よりも誰よりも、自分自身に自問自答が必要だと感じています。結局のところ、「自己満足でしかない」と誰かに言われるのだとしても、膝を折り、すべてを御存知の神様の前で祈り求めながら、己に慢心せず、人の世の悪により低くされた人と共に歩んでいける人間に少しでも近づけるように精進していきたいです。

 私は高校生のとき、写真の専門学校に行きたいと言っていたときの気持ちを改めて見つめています。12歳の時から家族の写真を撮ってきた私は、今も自分に与えられた暮らしの風景や、出会った人たちとの時間を記録するべく7年前にやっと買えたNIKONのちっちゃいデジタルカメラを大切に使っています。写真は、私にとって特別なツールです。36歳になるけれど、ほんとうに私は自分で写真を撮ることや見ることが、とても好きだし大切なことだと感じます。

 写真は被写体がいて初めて撮れます。世界があって初めて撮れる。「撮る」ということは、「取る」ということにもなってしまう。そうやって撮影させてもらう相手の人生や社会の文化や歴史があって、自然があって、それを写させて頂いて初めて「写真」になる。だから、関係性も感じ方も写り込むわけだけど、写真を撮る人だけのチカラでは写真は実現しない。写真は、他の存在を撮らせてもらってはじめて成り立つものなんだと思います。(セルフポートレートってのもあるけど、それだって自分に自己決定できる信頼があるから自由に撮れるんじゃないだろうか。)
技術よりも、その存在を相手から預けて頂いた者としての責任をどうとれるか。写った対象から託された信頼を、写真を撮った人間は、なによりも大切にしなければならないんじゃないかと感じます。

 今ならこのように思うことも、私は10年前は分かりませんでした。たくさんの方の思いや愛を無碍にして、自分のことばかり考えてきたと感じます。覚悟もありませんでした。(写真だけでなく、文章を書くことについてもそうですけど。)
とっても時間がかかって今更かもしれない。それでも、反省しないより遅くても反省したほうがマシなんだって信じて、今 想うことをこれからの時間で実現していきたいと思っています。

 写真についてはこういう個人的な思い入れもあり、だからこそ写真家としての性暴力の加害を重ねていた広河隆一氏を私は絶対に許しません。そして彼の中に育ってしまった権力と支配への渇望に私自身が絡め取られないためにも、このことについて考え続けていかなければと感じます。今後もこの件については自分の気持ちを整理しながら考え続けていくために、時折 書いていくことになると思います。


2019/03/08

大阪・枚方市に送ったパートナーシップ宣誓証明の検討についての意見書

今日、煩悩ちゃんさんのTwitterのリツイートでLGBTサークルCielarko(チェールアルコ)さんのTwitterから、大阪府枚方市のパートナーシップ宣誓の照明に関する要綱(仮称)の考えについて、意見募集中ということを知りました。

★☆★枚方市パートナーシップの宣誓の証明に関する要綱(仮称)の考え方に対する意見を募集します
[2019年2月20日~3月12日(火曜)まで]】※プライバシーは守られます。 ※枚方市以外の方もOK!

☆★☆



枚方市民でなくてもかまわないとうことなので、私も書き送りました。
3月12日(火曜日)までだそうです。
あと五日あるけど、「今やらな!」と思わないと忘れるからなぁ私。
ということで、書いて送れました。お時間ある方は、よければ御一読下さい。

《以下の色付きの文章は、今回の意見募集に送信した私のコメントです。》
 私は学生時代に、パートナーが同性であるということで婚姻を認められず人生の局面で差別を強いられた当事者の方たちの体験談を聞く会に参加する機会がありました。パートナーと築き上げてきた財産の相続が認められなかった方、パートナーの死に目に会わせてもらえなかった過去を持つ方もいました。こんな酷い差別が横行し、この現状を放置している社会であることに衝撃を受けました。何年も後に自分の人生を共に生きていきたいと思える相手と出会い、その人はたまたま異性でした。私は「自分の性の認識と身体が女性で、相手が男性ということなので【結婚】ができる。けれど、その結婚自体が制度の不公平に加担することになるのではないか」と何年か悩みました。しかし経済面の課題から税金や保険の控除、私の持病が悪化した際の面会権などのこともあり結婚することを選びました。後ろめたさを心に抱きながらも、社会的にも夫婦と認められて生活しています。

 誰しもに家族を構成し、公的に尊重される権利があります。すべての二人の門出を祝福する社会になるべきです。すべての人のパートナーシップについて公的に認められるように決まってほしいです。そうすれば少数者として切り捨てられている当事者の方だけでなく、立場が違う人も良い影響があります。自由に生きられるようになるし、誰かを差別/抑圧することから脱していく機会を得るはずです。少数派の当事者の人たちが希求する最低限の人権の実現が叶えられることは、この社会に暮らす全ての人の権利を守る力になります。枚方市行政には全ての人の人権を保障する政策をお願いします。市民の人権を守る勇気ある姿勢を枚方市が行政として打ち出せば、ロールモデルとなり良い流れが全国的にも広がっていくはずです。先月14日に平等な権利を求めて一斉提訴された原告の皆様のお声を受けとめた流れを官民ともに作りだしていきましょう。
 公的に、法律的に変えていける力を持った行政の現場に関わる皆さんは、多くの一市民の人生を左右する権限を付与されています。その力が、公務員として一市民の生活・人生の幸福追求を理念とした職務であるからこそ与えられていることは、皆さんが一番ご存知です。遠方からではありますが、お働きが実を結びますように心より応援しております。どうか御自愛しながら頑張ってください。私も暮らしの中で自分にできることを頑張ります。読んで頂きありがとうございました。






とにかく短くてもいいし、一言でもいいので、魂をこめた肯定・応援メッセージを是非!
言葉には発してからこそ届き、自分や相手を、そして社会を変える力になるんじゃないかと思います。
一人でも多くの方との肯定的な意見を届けられるように、他の誰でもない自分自身が想いを書いて、想いを深めて、その声を実際に届けること。小さく見えても、大きな力・行動になっていきます。気持ちがあるってだけじゃなくて、いつもは無理でも、こうして呼びかけがあったときに具体的に実際に参加すること。とっても大切だと考えてます。(できるときばっかりじゃないから、なおさら。)


関西・全国で 地道に闘っておられる当事者の皆様、枚方市行政内で頑張られておられる職員の皆様、尽力されている市民や議員さん全ての方、お疲れ様です。私も祈りつつ歩みたいです。


2019/03/04

四季の中で、春が一番すき。



三月になりました。
私も、お世話になった尊敬するあの方たちも、三月生まれで。

陽が長くなり、草花が芽吹いてくる。風が軽やかにすぎていく。
心も身体も伸びのびと、深く息をすったりはいたりして、重ねてきた時と今まさに過ぎていく時を想うこの季節。

いつからだろう
私にとって、春の始まりが最もうれしい季節になりました。
生きて、また新しい時季を体験できることの有り難さ。
ほんとうに、なにもかもが当たり前ではないことを忘れずに暮らしたいです。

かみさま、いのちに感謝します。
どの人も等しく平和な世界を目指して歩めますように。

2019/03/01

今年の三一節(サミルジョル)。

1919年3月1日から100年。日本が植民地支配していた朝鮮半島で一斉に立ち上がった202万人の人たちが日本帝国に弾圧され殺され、分かっているだけでも7509名の人が命を奪われました。
(16,000余人が負傷、逮捕・拘禁された人の数は、46,000人。)
三一節
参考記事:
第100周年3.1節記念式 文在寅(ムン・ジェイン)大統領演説[全訳] (2019年3月1日)
参考記事:韓国旅行サイト「コネスト」三一節(サミルジョル)



上の絵はシュナムルさんという方が描かれたものです。許可を頂いたので載せます。

シュナムルさんのツイートより引用
 https://twitter.com/chounamoul/status/1101327037715820544
《人間が「こいつらは自分たちより下の人種だ」と見なした属性に対してどれだけ傲慢で酷薄になるかは、今の日本見てもわかると思うけど、そういう日本人が実際に権力を持って全朝鮮人の上に君臨してたのが植民地朝鮮で、まあ酷いもんですよ。俺らの父祖があの国の人たちにやらかしたことというのは。》

《今日は韓国では三一節、つまり日本からの独立を求めるデモが起きた1919年3月1日を記念する日だけど、俺らにとっても無関係な日ではもちろんなくて、自分らの父祖が植民地でやらかした加害の記録をいちど読んでみるのがいいと思う。もちろん加害者側の正当化の理屈ではなく、被害者側の証言を。》

《殴られた側は殴られたことを憶えていても、殴った側は忘れたがり、じっさい簡単に忘れる。「どっちもどっち」じゃないですよ。忘れちゃいけないんです。殴った側は殴ったことを忘れまいと努めなきゃいけない。それは倫理的な責任であると同時に、殴られた側と対等の友好を築く絶対の条件でもある。》

《そういうわけで俺は日本人として、韓国の独立運動への敬意と、自国による侵略と収奪への反省とともに三一節を記念します。大韓独立万歳。願わくば日本が理性を取り戻し、植民地主義を脱して韓国と友好を築かんことを。》

(シュナムルさんの2019年2月28日のツイートより)





私は、日本に生まれ育ちました。
この国にはいいとこや好きなものがたくさんあるし、言葉も文化も風土も多様で面白い。水にも自然にも恵まれて暮らしやすい。食べ物も好きだし、日本語文化圏に暮らせてよかったなーって思うものも多くあります。(他の言語わかんないんですけど。)
戦争を放棄した日本社会に生まれたから、自分は今の権利を持っているし、教育や医療を受けてこの人生の恵みがあると思ってます。だからこそ、この国の光の部分だけではなくて影の部分、闇の部分をしっかり引き受けていかなきゃなりません。
それが社会に今ある光の部分を次世代に引き継ぐ術だと考えるからです。

第二次世界大戦は日本が奇襲で始めた戦争です。アジア太平洋地域で2000万人の人が死ぬことになった戦争を日本が始めたこと。このことを無視して自分の人生を考えることは、私にはできません。

日本が、朝鮮半島を支配してどれほどのことを行ってきたかのか。
たった一度の人生を奪い、家族を友人を奪い、
名前を奪い、文字を、言葉を、文化を、大地を奪い、
人間が人間として暮らす権利の全てを奪った日本の侵略戦争。
兵隊として、軍夫として、強制労働者として、性奴隷として・・・。

その全貌を知ることはできないけれど、言葉で書き連ねるだけで、呆然とします。
数字だけで気の遠くなるような人数の一人ひとりの人生に、一人に起きた残虐すぎて実感できないような被害。
なんら誠実な謝罪も、謝罪どころか認知もしようとしないこの国。

無かったことにはさせない。できません。
忘却しての美化なんて、醜悪そのものです。

戦争の歴史にしても、原発にしても公害にしても、差別にしても、環境破壊にしても、誰かを虐げることを前提とした日本社会が私は恥ずかしい。イヤです。イヤ過ぎる。思想云々もあるけど、体調が悪くなるとか、隣人との関係が阻害されるとか、暮らしに影響もある。なんとかしたいです。

誇りたくても誇れない、恥ずかしく情けない国に成り下がっている現状をそのままにしたくない。改めて、強く思います。
加害の立場を自覚し続けることは楽なことではないけれど、誰かを虐げたり殺したりしてきたことを正当化したり美化したりして妄信しながら生きるよりも、ずっと人間らしい生き方ができるはずだと私は考えます。日本人だから日本の全てを肯定するって考え方より「今は抑圧者であるけれど、いつか抑圧のない社会・世界を目指して生きようとする」「とれない責任とも向き合い続けようとする」というのは、アイデンティティとしてはるかにまともじゃないかと感じます。

社会を作り変えるなんてできないけど、まずは、私自身が自分の置かれている立場、誰かを踏んで立っている今現在地を自覚する必要があると思います。踏みつけてきている立場の人たちの声をなるべく聞こうとして、受け取れたときは何度でも何度でもかみしめて感じられるように。社会的・世界的な自分の立場と責任を自覚した上で、自分がどう生きるか。
自分の加害の立場、そしてこの社会で受ける抑圧。構造的な、歴史的な背景を踏まえながら、相手を大切にし、自分の気持ちを置いてきぼりにしないで、どう生きるのか。その時点での試行錯誤して選んだ姿勢を自分の人生で示せ続けたらと願ってます。


日本社会の歴史観が歪められ、真実から遠くなればなるほどに三一節(サミルジョル)を胸に刻んでいかなきゃなりません。朝鮮半島のみならず日本帝国に奪われ、殺され、支配された人たちの人生を想うために。
それは、人々を殺したり奪ったり、飢えたり死んでいく戦地での人生ではなく、戦争がなければ送れたはずの人間らしい平凡な暮らし・人生を願っていたはずの日本軍の兵士とされた人たちの魂の叫びを真摯に受けとめることでもあるのだと私は信じています。中国から生きて帰ってきた父方の祖父の人生を想い、中国で戦死した祖父の兄の人生を想いながら、心からそう思います。
戦争はもう決してやってはいけない。自衛隊を名実ともに軍隊にさせては絶対にいけません。

今年も、春がきます。
心新たに、悔いが残らないように、できることをできるだけやりきっていきたいです。





◎ついしん
映画『パッチギ2』は名画だと思います。観てない人は是非みてみて下さい!