FC2ブログ
2012/11/19

ガザの若者たちの映像とイスラエルへの手紙

◎p-navi info パレスチナ・ナビ編集員ビーさんのブログ
http://0000000000.net/p-navi/info/

から、
この記事と映像を見た。
http://0000000000.net/p-navi/info/column/201211180510.htm

そして、
爆弾を落とされながらも身体表現をやめない若者たちの姿を見ることが許された。



いま、殺されようとしているのは彼らなんだ。

こんなにも彼らは毅然として、平和を希求している。

(ぜひ、記事を読んで、映像を見てください)



英語はできないけれど、訳して下さる方がいて
イスラエル首相と、バラク国防省相に手紙を書いた。
明日、送る。届くまでにまた死者が増えるだろう。

殺人鬼のところに届く手紙を、封筒に収め
日本政府と外務省にもサイトからメッセージを送った。



〔イスラエルに送る手紙〕
Dear sir,/ Ehud Barak

Please stop the killing in Gaza right now!!!
I wonder why Jews in Israel,a people which experienced Holocaust,
keep something like it and further,complete it.

please.please,please,please
please stop killing in Gaza!!

Yours sincerely,


Inari
kyoto,Japan



(ガザで人を殺すのを今すぐ止めて下さい!!!
どうしてホロコーストを経験したあなた方が、それを繰り返し、完成しようとさえするのですか。
お願いです、お願いです、お願いです。ガザで人を殺さないで!!)



〔日本政府、外務省に送ったメッセージ〕

イスラエル政府にパレスチナ・ガザ地区への攻撃を今すぐやめるように要請してください!!!

報道各局にきちんとした報道をするように通達を出してください。

パレスチナ人の滅亡を傍観するようでは、イスラエルと同罪です。

イスラエルに攻撃をやめるように言ってください!

アメリカの言うことを鵜呑みにしている日本政府が情けなく恥ずかしいです。




無力な自分を感じる。

でも目をそらさないように、ビーさんのブログを読んだりしながら
少しでもガザの方たちのことを想いたい。

続きを読む

2012/11/16

イスラエルのガザ虐殺がまた始まった

まずはガザから届いたメッセージをお読みください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[拡散希望]

ただちに行動せよ!

プレスリリース:ガザ 新たな集団虐殺
2012/11/14

占領下パレスチナ、封鎖されたガザ発――イスラエルに対するアカデミック・ボイコットのためのパレスチナ人学生キャンペーン、大学教員連盟、および民主的一国家グループは、可能な限りもっとも激烈な言葉で、ガザ地区の無辜のパレスチナ人に対するイスラエルの犯罪的攻撃を弾劾する。

過去6時間のあいだに、7歳のラナ・アラファトを含む7名以上が殺された。
ひどい火傷をからだに負った子どもたちがシファー病院やガザ地区各地の設備も乏しい病院に続々と担ぎ込まれている。
この極悪非道の犯罪は、バラク・オバマが大統領二期目に当選したその翌週から始まった。
ガザのパレスチナ人を可能な限り多数、死滅させることに対してゴーサインが出たとテルアビブ[イスラエル政府]は主張する。

ガザは2006年以来、イスラエルによる絶滅政策と破壊行為を耐え忍んできた。
われわれはあらためて非難する、これら継続するイスラエルの犯罪を前に、国際社会が共謀して沈黙を守っていること、そしてアラブ諸国の無能さを。
われわれは指摘しておく、いかなるアラブの国によっても、イスラエルに対して、何らの行動もこれまでとられた
ことはなかったことを。
われわれが殺戮されているのを、アラブの春は傍観しているつもりなのか? 

空疎な修辞はもう結構だ。
非難の言葉はアクションへと翻訳されなければならない!

われわれはまた、全市民社会の組織、政党に対し、イスラエル大使館をボイコットし、
自らの政府にアパルトヘイト国家イスラエルとの外交関係を断絶させるよう、繰り返し要請する。
今回、アパルトヘイト国家イスラエルが、ガザの無辜の市民に対するその犯罪から逃げおおせるなどということがあってはならない。
学生、学者はすべて、パレスチナ人の学生や学生と連帯しなければならない。
われわれは問う、国際社会が行動の必要性を得心するには、ガザの子どもたちの何十という遺体を前にしてもなお十分でないというのか?

ガザで現在進行中の集団殺戮をやめさせることは、ひとえに市民社会と良心ある者たちの手に委ねられている。

国際社会の無為無策がわれわれにこの事態を招いたのだ。
ただちに、行動せよ、手遅れになる前に。


民主的一国家グループ
イスラエルに対するアカデミック・ボイコットのためのパレスチナ人学生キャンペーン
大学教員連盟
ーーーーーーーーーー
Press Release: A new Gaza Massacre!
14.November.2012

Besieged Gaza, Occupied Palestine--The Palestinian Students’ Campaign for the Academic Boycott of Israel,
University Teachers’ Association and The One Democratic State Group condemn in the strongest possible terms the criminal Israeli attack against innocent Palestinians in the Gaza Strip.

More than 7 people have been killed within the last 6 hours, including 7-year-old child Ranan Arafat. Charred bodies of injured children are pouring in to Al Shifa hospital and the other depleted hospitals around the Gaza Strip. This heinous crime also comes one week after the re-election
of Barak Obama for a second term. Tel Aviv claims to have been given the green light to annihilate as many Palestinians in Gaza as possible.

Gaza has been enduring Israeli policies of extermination and vandalism since 2006. We reiterate our condemnation of the international conspiracy of silence and Arab impotence in the face of these continuous Israeli crimes. We note that not a single action against Israel has been taken by any Arab country. Will the Arab Spring stand aside and watch while we are being butchered? Empty rhet
oric will no longer be accepted. Words of condemnation have to be translated into action!


We also reiterate our call on all civil society organizations and political parties to boycott Israeli embassies and compel their governments to sever their diplomatic ties with Apartheid Israel. This time, Apartheid Israel must not get away with its crimes against the innocent civilians of Gaza.
All students and academics should stand in solidarity with their Palestinian colleagues and peers.
We ask, what more does the international community need to see to be convinced to act than the dozens of dead corpses of children in Gaza? It is left to civil society and people of conscience to stop the ongoing massacre in Gaza.

Inaction has led us to this point.
ACT NOW BEFORE IT IS TOO LATE!

One Democratic State Group
Palestinian Students’ Campaign for the Academic Boycott of Israel
University Teachers’ Association
ーーーーーーーーーーー
以上




いま、私に何ができるだろうかと考えて、このメッセージを拡散することと
イスラエル駐日大使館とアメリカ大使館にメッセージを郵送すること、

しか考えつきませんでした。

無力だと思います。
でも、何もしないよりいいかもしれない。
皆さんもイスラエルに、メッセージをお送りください。


●送り先
http://palestine-heiwa.org/misc/kougi.html


●例文
http://0000000000.net/p-navi/info/info/201211170939.htm

続きを読む

2012/11/14

アーサー・ビナードさん講演とスピーチ


ある方からアーサー・ビナードさんのことを教えて頂きました。

ペンは剣より強し、
ユーモアは権力より強し!?

お時間ある時、是非ぜひご覧ください。


是非ぜひ! ご覧ください。
「這っても黒豆」の原子力 アーサー・ビナードさん (Youtube1時間10分)
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=voXlDoDsKVs
 

短いバージョンはこちら
「原発反対はいのち肯定」アーサー・ビナードさん祝島の人たちへ 2012.6.27 (Youtube11分)
http://www.youtube.com/watch?v=p2Z0nWuGCj0



這っても黒豆、は もう止めさせなきゃ!